神保町界隈の大手書店でも平積みにされている注目の一書、
谷 知子監修・パピエ舎著『切り絵で作る 百人一首』を購入しました!

切り絵でつくる 百人一首 平積み
切り絵でつくる 百人一首 書影

『切り絵でつくる百人一首』
誠文堂新光社刊
監修:谷 知子
著者:パピエ舎
B5変型判/144頁
定価:本体1600円+税
ISBN:978-4-416-71748-6

光琳かるたを切り絵で作りながら、
百人一首の世界に触れられるよう工夫された一冊です。

雅な光琳かるたのカラーページも大変魅力的ではありますが、
業界人としての注目は、
フェリス女学院大学文学部日本語日本文学科の
「日本語日本文学基礎ゼミ」の1年生の学生のみなさんが執筆した、
「コラム『百人一首』をもっと知りたい!」でしょう。
コラムのタイトルはそれぞれ、
其の一 歌枕
其の二 『百人一首』の恋愛事情
其の三 和歌を詠むシーン
其の四 『百人一首』の春夏秋冬
其の五 恋のアピール
其の六 『百人一首』ランキング
と、実にバラエティに富んだ内容で、それぞれの掲出歌
25歌(23首)はネタバレになってしまうといけないので載せませんが、
(特に「其の六 『百人一首』ランキング」は・・・)
なにか甘酸っぱい乙女の恋心を垣間見たような読後感、
学生のみなさんの実にみずみずしい感性で綴られています。
一方で、「其の五 恋のアピール」の「今夜しか逢えない・恨みます・呪います」
のようなストレートでちょっとどっきりとさせられるコラムも・・・

ともあれ、ここまで執筆するには
おそらく相当の参考文献にあたったことでしょうし、
「読者(ひと)に読ませるため」の表現方法、手段、
特に読者に「教える」のではなく「語りかける」ような口調(文体)には
工夫のあとが見られます。また、あらためて勉強させていただきました。

谷先生のご助力、ご指導が根幹にあることは言うまでもありませんが、
自身の書いたものが活字となって江湖に示されるという、
誰でも出来るわけではないこの貴重な経験を、
今後の活動に活かしてくださいね!

『切り絵でつくる百人一首』
【著者プロフィール】
監修 谷 知子
大阪大学国文学科卒業。東京大学大学院博士課程単位取得。博士(文学・ 東京大学)。フェリス女学院大学教授。専攻は中世和歌。「和歌文学の基礎知識」「天皇たちの和歌」(角川選書)「中世和歌とその時代」(笠間書院)「カラー版百人一首」(角川ソフィア文庫)「楽しく覚える!まんが百人一首」(ナツメ社)など著書多数。

著・文 パピエ舎
ペーパークラフトを中心に、紙の楽しさを伝えるグループ。 伝統の切り紙をはじめ、和と洋を取り入れた新しい紙遊びの世界を提案している。近著に「江戸の遊び切り紙」(誠文堂新光社刊)がある。

神田明神境内北側、裏参道脇に「神田神社氏子神輿庫」があります。
氏子の御神輿が約50基ほど格納されています。
「神輿庫」と書いて「しん よ こ」と読みます。
この維持会の新年会に行ってきました。
神田と日本橋の氏子各町のお歴々が一堂に会します。

20180209 sinyoko-01

まずは昇殿参拝
「かけまくもかしこき いざなぎの~~かしこみかしこみもまをす~」
20180209 sinyoko-02

神田明神会館へと場所を移し、
神輿庫維持会長や宮司のご挨拶の後、
氏子総代の音頭で乾杯!
本年もよろしくお願い申し上げます。
20180209 sinyoko-03


本日、『中古文学』第百号記念号が届きました!
さすが第百号記念号だけあって、188頁という大ボリューム!
内容も「記念特集」を巻頭に、充実の一冊となっています。
中古文学100
記念特集「『中古文学』の過去・現在・未来」
青木賜鶴子/阿部好臣/安藤徹/今井上/今西祐一郎/上野辰義/大津直子/勝亦志織/加藤昌嘉/神田龍身/神野藤昭夫/菊地仁/工藤重矩/久保木哲夫/久保木秀夫/小嶋菜温子/後藤祥子/小山利彦/桜井宏徳/清水婦久子/陣野英則/新間一美/妹尾好信/高木和子/高橋亨/田中登/永井和子/原豊二/福家俊幸/松本大/室城秀之/本廣陽子/山中悠希/山本淳子/湯淺幸代/横井孝

このご執筆陣だけ見ても大迫力ですよね。
河添房江先生による編集後記には、 
 昭和四十二年三月三十一日に創刊された機関誌『中古文学』は、本号で百号の節目を迎えました。そこでこれを記念して、三十六名の会員の方に「『中古文学』の過去・現在・未来」というテーマでご寄稿いただきました。前編集長の山本登朗先生の企画とご尽力により、中古三十六歌仙というわけではありませんが、世代、性別、地域、研究領域などを考慮して三十代から七十代までの会員にお願いしたところ、はからずもこの人数となりました(抜粋)。
とあります。

また、続いて昨年春に東京女子大学で開催された、
シンポジウム 平安文学における〈漢〉の受容―その日本化の様相―
趣意説明……河添房江
〈漢〉の声―吟詠される佳句―……齊藤希史
中国故事の表現と展開―班婕妤・嵆康の故事を手がかりとして―……山田尚子
平安期皇后・皇太后の〈漢〉文化受容―信仰を中心に―……勝浦令子
平安文学の唐物における〈漢〉と〈和〉
  ―『源氏物語』『うつほ物語』を中心に―……河添房江
シンポジウム総括……山本登朗

と続き、投稿論文には第百号記念を彩る、
【投稿論文】
『源氏物語』「紅葉賀」巻の催馬楽引用
  ―源典侍の物語における「こま」の繋がり―……山﨑 薫
夕霧と童殿上
  ―『源氏物語』澪標巻の「内裏、春宮の殿上」から―……青木慎一
の、二本の論文が並びます。

また、岡田貴憲氏が、
『源氏物語』帚木巻試論―光源氏は「なよ竹」を折ったか―
で、第10回 中古文学会賞(平成29年度)を受賞されたことも
記憶に新しいところです。
大変充実した百号記念号でありました。

二〇一七年度(平成二九)中古文学会春季大会 研究発表 要旨
第十回  中古文学会賞(平成二九年度)
第十一回 中古文学会賞の募集・中古文学会賞規程
彙報・会則・内規等
投稿規定・投稿のおねがい
編集後記……河添房江

今後の中古文学会の益々のご発展ご隆盛を祈念申し上げます!

『中古文学』第百号記念号
平成29年11月30日発行
A5判並製本・188頁
編集兼発行者:中古文学会
代表委員:松岡智之
発行所:中古文学会事務局
印刷:笠間書院

皇居東御苑 梅林坂の数ある梅の木の中で、
一本の白梅の木が満開です。
あたりいっぱいに梅の香を漂わせています。

20180207-001.jpg

20180207-003.jpg
→コチラをクリックすると拡大画像が見られますよ!

20180207-002.jpg


神田錦町近隣四町会で、
「キンキン広場もちつき大会」を開催いたします。
ご興味おありの方はお誘い合わせの上お立ち寄りください!

20180207kinkinpark.jpg
上記チラシのPDFファイルはこちらをクリックしてください!

開催日:2018年2月24日(土)
時間:12:00~14:00まで
(ただし、食材がなくなり次第終了)
※小雨決行(荒天の場合は2月25日(日)同時間に順延)
場所:神田錦町「キンキン広場」
(神田錦町三丁目13-1)
20180207kinkinpark map


場所提供・企画協力:UR都市機構開発
協賛:新日鉄興和不動産(株)
    住友商事(株)
    安田不動産(株)
問い合わせ先:喫茶プペ 原
電話 03-3295-9746
(ランチタイムの時間帯は外してください)