青山学院大学日本文学会春季大会が下記の通り開催されます。
公式サイトはコチラ

日時: 2019年6月22日(土) 13:20~16:35(受付12:50~)
場所: 青山学院大学青山キャンパス14号館12階 大会議室
    〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
拡大ポスター(PDF版)はコチラ
aoyamagakuin spring 2019

研究発表会: (13:20~14:50)
 青山学院大学大学院博士前期課程 佐々木 啓丞 翻訳からみる言語資源の働きの変化
 青山学院大学院博士前期課 大島 瑞月 鏡花文学における火の表現
 青山学院大学大学院博士前期課程 新田 杏奈 大正期日本とタゴール

講演会: 喪失の悲しみと詩歌(15:05~16:05)
 東京大学名誉教授・武蔵野大学特任教授 藤原 克己

藤原 克己(ふじわら・かつみ)
◎1953(昭和28)年広島県生れ。
1976年東京大学文学部卒業
1980年東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学。
1980年岡山大学教養部専任講師
1989年神戸大学文学部助教授等を経て、
1998年東京大学大学院助教授、
2001年博士(文学)、2004年東京大学大学院教授。
2018年定年退任、東京大学名誉教授、
現在 武蔵野大学文学部特任教授、紫式部学会会長。
菅原道真を中心とする平安朝漢文学、『古今和歌集』、
『源氏物語』の研究で多数の研究成果を発表。
1988年に日本古典文学会賞受賞。
著書に『菅原道真と平安朝漢文学』(東京大学出版会、単著、2001年5月)、
『菅原道真─詩人の運命』(ウェッジ選書、単著、2002年9月)、
『源氏物語の透明さと不透明さ』(青簡舎、編著、2009年10月)など。


(総会: 16:05~16:35)
問い合わせ: 青山学院大学文学部日本文学科
電話 03-3409-7917
参加費無料・事前申込不要、一般来場歓迎

コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: