『新編 下田歌子著作集 結婚要訣』を、
実践女子大学下田歌子記念女性総合研究所の久保貴子先生より
御恵送いただきました。ありがとうございました。
帯に「西洋との比較をまじえた結婚の歴史や
現在の実用性にもかなう話題を豊富に伝える、
大正期に書かれた「結婚大全」。」とあります。
凡例に、「典雅な和文で著された原文を尊重し、
漢字は旧字体のままの表記とした」とありますが、
元々ルビの付されていない緒言にもルビが振られ、
総ルビとなっているので、とても読みやすく感じました。

『新編 下田歌子著作集 結婚要訣』
監修 実践女子大学下田歌子記念女性総合研究所
校注 久保貴子(実践女子大学下田歌子記念女性総合研究所専任研究員)
四六判並製本:348頁
出版社: 三元社
ISBN: 978-4883034789
定価:本体3400円+税

結婚要訣

目次
緒言
第一章 緒論
一、婚姻の大義
二、婚姻の目的
第二章 結婚の沿革
一、内外結婚の沿革
二、太古上古の結婚
三、中古前半紀頃の結婚
四、中古後半紀頃の結婚
五、近古の結婚
六、海外各國の結婚略史
第三章 内外結婚の異同
一、我が國は家に嫁す
二、西洋は人に嫁す
三、義の結合と情の結合
四、彼我希望の異同
五、男女年齡の相違
第四章 許婚
一、吾が國に於ける許婚
二、西洋に於ける許婚
三、許婚の可否
第五章 配遇の選擇法
一、父母に一任する選擇
二、當人同志に一任する選擇
三、父母及び當人の合意選擇
四、仲人の注意
第六章 血族及び異人種結婚の當否
一、吾が國上古の血族結婚
二、支那の同姓を娶らざりし事
三、異人種の結婚
四、血族結婚の可否
第七章 現代に行はれつゝある婚姻
一、純然たる舊習の結婚
二、純然たる今樣の結婚
三、折衷的現代の結婚
四、一夫一婦問題
第八章 適當なる結婚の方法と夫妻の覺悟
一、父母及び長者の指導
二、血統の調査
三、相互の體質性質等の調査
四、家庭及び親戚其の他の調査
五、當人の希望及び嫌惡
六、夫婦の覺悟
第九章 現今の婚禮式及び其の手續
一、自宅の婚儀
二、神社の婚儀
三、寺院及び會堂の婚儀
四、旗亭の婚儀
五、結婚の儀式
六、結婚披露の形式
七、新婚旅行
八、禮は森嚴に物は儉素にありたし
九、婚姻屆の諸式
第十章 離婚
一、離婚の原因及び理由
二、離婚の形式及び處置
三、離婚を減少し得べき道無き乎
四、離居
第十一章 再婚
一、再婚禁止の風は何時頃より始まり且何に起因せし乎
二、内外再婚の異同
三、婦人再嫁の是非
第十二章 結論
一、全篇の槪括
二、全篇の主要
解説 久保貴子

コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: