桜井宏徳先生より「国文論叢」第54号をいただきました!
ありがとうございました!

中瀬将志先生のご企画、
【小特集】歴史物語研究の可能性 に、
『大鏡』「日本紀聞くと思すばかりぞかし」考
―日本紀講筵と歴史語り― を寄稿されています。

國文論叢

国文論叢
目  次

平安朝物語における皇子女の居住空間
―『源氏物語』を中心に―…天野ひろみ

【小特集】歴史物語研究の可能性
小特集によせて
―歴史物語研究の現在―…中瀬将志
『大鏡』「日本紀聞くと思すばかりぞかし」考
―日本紀講筵と歴史語り―…桜井宏徳
『今鏡』後三条紀序説
―「司召し」を読む―…蔦尾和宏
『栄花物語』の「例」…中瀬将志

反逆の画家小説
―『草枕』の唯美主義と漱石の美の処世術―…福井慎二
想像力の女性的形状
―倉橋由美子の初期《I型》小説―…梶尾文武
小松左京『日本沈没』論
―核時代の想像力―…徐 翌
ヌ、ツの承接語彙の偏りについて
―意味による個別的分析―…井上高輔
【資料紹介】山口誓子と「凌霜俳句」
―神戸大学同窓会誌「凌霜」より―…米田恵子
ダロウの使用実態
―BCCWJを用いて―…馮 雁鴻

「国文論叢」第五十四号 論文要旨
事務局報告
神戸大学国語国文学会研究部会
神戸大学文学部国語国文学会研究部会規約
「国文論叢」投稿規程
「国文論叢」編集委員会規程
編集後記

神戸大学文学部国語国文学会発行
A5判並製140頁 非売品
平成31年(2019年)3月
第54号


コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: