「國語と國文學」平成31年3月号(96-3)を、
和田律子先生より御恵送いただきました!
ありがとうございました。

同誌には、和田律子先生による
「藤原頼通文化世界と歌合―「上東門院彰子菊合」を中心に―」
が、掲載されています。
平安後期の約50年間を政治文化の領導者として過ごした藤原頼通が、どのような認識のもとに歌合に関わり、歌合隆盛期を築いていったのか、「上東門院彰子菊合」を手掛かりに考察を試みたものだということです。
是非、ご一読ください。

国語と国文学31年3月号02

 「國語と國文學」平成31年3月号(96-3)
 東京大学国語国文学会 編
 A5判並製・80頁
 定価:1,296円(1,200+税)
 ISBN:4910138650397

 「國語と國文學」公式サイトはコチラ

コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: