国文学研究資料館共同研究(特定研究(課題))研究成果報告書
「読書─人・モノ・時空─」を
研究代表者の桜井宏徳先生より、送りいただきました。
ありがとうございました。

   研究概要
  口研究テーマ
   読書-人・モノ・時空-
  口研究期間
   平成二十六年度~平成二十八年度(三年間)
  口研究目的
     現代は、書物を介した「読書」という人間の営みが、
   電子テクストの普及によって
   大きく変容を迫られている時代であるが、
   「読書」という行為には、日本においても長い歴史がある。
     本共同研究では、主に古代・中世の和歌や物語、
   歴史叙述などの古典作品が、近世から現代にかけて、
   時空を超えてどのよに読まれてきたのかを
   具体的な検討課題として、
   人びとが「読書」という営みにいかに関わってきたのかを
   明らかにすることを目指す。


20180619 sakurai01
  国文学研究資料館共同研究(特定研究(課題))研究成果報告書
   「読書─人・モノ・時空─」
   A4判 91頁 並製本 非売品
   平成三十(二〇一八)年三月ニ十九日発行
   編集 共同研究(特定研究(課題))
      「読書─人・モノ・時空─」
      研究代表者 桜井宏徳
   発行 人学共同利川機関法人 人間文化研究機構
      国文学研究資料館


目 次
緒言・研究概要 / 桜井宏徳
『日本書紀』古訓をよむ / 福田武史
大山為起『味酒講記』諸本の発生
  ─事蹟顕彰としての書写活動─ / 渡邉 卓
実方集考
  ─地名を詠む歌を中心に─ / 河本明子
近世禁裏仙洞における歌合資料の書写活動について / 酒井茂幸
『大和国地名類字』による学び
  ─契沖の学問一斑─ / 玉田沙織
大石千引『栄花物語考難註』考
  ─近世後期『栄花物語』読書史一斑─ / 桜井宏徳

なお、桜井宏徳先生による「緒言」によれば、
研究分担者のお一人である酒井茂幸氏は、昨年、本研究成果報告書の刊行を侍たずに急逝された。学界を裨益する目覚ましい成果を次々に挙げられており、本共同研究にも常に献身的に寄与されていた氏の、あまりにも早いご逝去の報は、私どもに大きな衝撃と悲嘆をもたらした。ここに謹んで酒井氏のご冥福をお祈りするとともに、ご遺稿を本研究成果報告書に掲載させていただいたことを、氏のご霊前にご報告申し上げる。
と、結ばれております。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: