『近代語研究』第二十集 もうすぐできます!

近代語研究 書影80mmA
『近代語研究』第二十集
近代語学会編
ISBNコード:978-4-8386-0708-2
定価:本体18,000円+税
A5上製函入:712頁
2018/3/30 刊行

※本書の詳細、ご注文などこちらからどうぞ!


   目  次

坂詰 力治/漢語の品詞としての広がりについての一考察
─室町時代の三大口語資料を中心に─

山田  潔/『玉塵抄』の漢語─「緩怠」─

田和真紀子/ロドリゲス『日本大文典』の「肯定」の副詞について─〈真偽〉・〈蓋然〉・〈程度〉の関連性─

玉村 禎郎/近世における「是非(に/とも/ともに)」
─副詞用法を中心に─

矢田  勉/近世のリテラシーと漢字仮名交り文

佐藤 貴裕/五井守香と『和漢通用集』

坂梨 隆三/「ずくめ」は「尽くめ」にあらず

平井 吾門/倭訓栞と百人一首

小松 寿雄/明和洒落本の一・二人称代名詞

米田 達郎/日本語史資料としての江戸時代中後期狂言詞章
─鷺流狂言詞章保教本を起点として─

肥爪 周二/音節構造史から見た江戸語の連母音音訛

土屋 信一/式亭三馬「風流稽古三弦」翻刻(続)

長崎 靖子/式亭三馬の言語描写
─センボウを資料として─

鈴木丹士郎/馬琴の用語(二)
─久恋・魚米・那時遅し這時速し─

大久保恵子/路女の日記における敬称の使い方
─「殿」を中心に─

内田 宗一/八木美穂著述の仮名字体
─『約古事記伝』『約古事記伝之序』を対象に─

田島  優/人情本を利用した挨拶表現研究(序説)

浅川 哲也/江戸時代末期人情本にみられる可能表現について
─後期江戸語における可能動詞の使用実態─

小林 千草/成城〈乙〉本「縄ない抜書」の資料的性格と言語

荒尾 禎秀/近代日本語資料としての渋沢・杉浦『航西日記』
─左振仮名を中心に─

小島 聡子/「ほしいくらゐもたないでも」という表現について─続・宮沢賢治の標準語の語法─

鏡味 明克/名古屋市におけるバス停留所名の考察

伊藤 博美/近・現代の謙譲語形式の消長とその背景
─「お/ご~」の四形式─

橋本 行洋/『大漢和辞典』所収現代中国語の依拠資料
─石山福治の中日辞典とその典拠となった華英辞典─

新野 直哉/大正期『文藝春秋』の記事に見られる言語規範意識

北澤  尚/『浮雲』の助詞「なんぞ」「なぞ」「など」について

真田 治子/『哲学字彙』付録「清国音符」の編纂目的と用法についての検討─井上哲次郎の日記及び旧東京大学の漢文教育との関わりから─

櫻井 豪人/『改正増補英和対訳袖珍辞書』と異なる『英仏単語篇注解』の訳語について(3)

園田 博文/中国語会話書における二重否定形式当為表現「ネバナラヌ類」とその周辺
─明治以降昭和20年までの資料を中心に─

市村 太郎/近代初期における「じつに」「まことに」「ほんとうに」の用法

林  禔映/評価副詞の成立と展開に見られる変化の特徴

田中 章夫/「辞の複合」の諸相

今野 真二/『日葡辞書』の「または」


近代語学会発表題目一覧

執筆者略歴




コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: