今年の中古文学会秋季大会一日目が終わって、
「緊急営業会議」(?)
場所は、静岡市葵区七間町にある
味の店「乃だや」さん。
とある方の御推薦を受けての来店となりました。

20171229-01.jpg
まずは、名物「静岡おでん」から行きましょう。「黒はんぺん」「しらやき」
「牛すじ」「ガツ(豚の胃袋)」「味噌かけ大根」というラインナップ。
「ダシ粉」という粉を振りかけていただきます。これで風味が増すんですね。
味噌味がいい具合に効いて、ちっともくどくないんです。ウマし!

20171229-02.jpg
あと、こちら「乃だや」さんには、関東風のおでんもあって、チョイスできます。
「静岡(味噌)おでん」とならべてみます。
「関東風」は、あっさりしている中にしっかりと味がしみていて、
こちらも大変旨いっ。ただ、長い間神保町でおでん屋さんを営んでいた、
おじさんのおでんは、真っ黒なダシだったので、この白いだし汁が関東風
というのはどうなんかなぁ~~。などと思いましたが、だけどこれだけ
旨けりゃそんなことどっちでもいいですね。

20171229-03.jpg
関東風大根

20171229-04.jpg
関東風はんぺん

20171229-11.jpg
用宗産の「生しらす」。見るからに活きのいい「しらす」です。
のど越しと、ほろ苦いお味が日本酒にもってこいの一品です。

20171229-07.jpg
そのほかのメニューも、どれもこれも旨そうで、こちらは小アジのフライ。
小さくて、柔らかくて、カラッと揚がっていて、もう理想的なアジフライでしたね~~

2017特性やきそば1229

シメは、「特製焼きそば」。細めの麺が丁度よい歯ごたえで、
具だくさんのソース味が、シメにぴったりでした。

「乃だやさん」は、東京銀座にもお店があるようです。
味の 乃だや 東京銀座店 はコチラ



コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: