紫式部顕彰会さまより、
「わかな第47号」(2017.12)を御恵送いただきました。
wakana20171226.jpg

『源氏物語の皇統と論理』(翰林書房・2017年9月刊)にて、
第18回紫式部学術賞を受賞された、
浅尾広良先生の受賞記事がメインの記事として取り上げられ、
日向一雅先生による、受賞理由も掲載されています。
おめでとうございました!

紫式部学術賞リンクはこちら
翰林書房リンクはこちら

『源氏物語の皇統と論理』
歴代の天皇の足跡から「皇統の歴史」を俯瞰し、
物語を支える「歴史意識」と独自の
「物語の論理」を明らかにする。
20171226源氏物語の皇統と論理
著者:浅尾 広良 (あさお・ひろよし)
出版社: 翰林書房 リンクはこちら
単行本: 456ページ
ISBN: 978-4877374006
定価:本体8,800円+税


コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: