下記日程にて、「平成29年度「古典の日」講演会」
が開催されます。
詳しい申込方法は8月末に明らかになるようです。

「平成29年度「古典の日」講演会」
日時:平成29年11月3日(金・祝)
13:30~16:00(開場:12:30)場所:イイノホール
(東京都千代田区内幸町2-1-1)
聴講無料 事前申込 先着450名
※詳しい申込方法は8月末にご案内します。
主 催:国文学研究資料館

kotennohi_image2017.jpg
大きなPDFファイルはコチラからどうぞ!

講演内容:
1.「伊勢物語を英訳すること―その挑戦と醍醐味」
                講師:ピーター J マクミラン
2.「伊勢物語と平安貴族の生活」 講師:山本 登朗

講師紹介:
■ピーター J マクミラン(翻訳家)
 アイルランド生まれ、日本に在住して訳30年になる。2016年にペンギン・クラシックスから『伊勢物語』の英訳“The Tales of Ise”を刊行する。近著に『英語で読む 百人一首』(文春文庫、2017年)がある。

■山本 登朗( 平安時代文学/関西大学教授・国文学研究資料館客員教授)
 『伊勢物語』を中心として、平安時代文学の研究を行う。著書『伊勢物語論-文体・主題・享受』(笠間書院、2001年)、『絵で読む伊勢物語』(和泉書院、2016年)、『伊勢物語の生成と展開』(笠間書院、2017年)の他、多くの共著書・編著書がある。

お問い合わせ先:
管理部学術情報課企画広報係
TEL:050-5533-2910 E-mail:mail01[1]


コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: