木本好信先生より『史聚』第五〇号記念号を
お送りいただきました。
ありがとうございました。

si ju 20170517

《内容》
史聚会と『史聚』五十号記念号の発刊(回顧)・史聚会

特別寄稿(随想)
天皇三態・直木孝次郎

論文
大宝の虚と実・平林章仁
藤原是公試論・池田光佑
門籍制に関する一考察・市 大樹
『出雲国風土記』の校訂本・荊木美行
五月一日経に写された陏経願文・遠藤慶太
藤原仲麻呂の新羅征討計画における国司任命について・大坪秀敏
藤原武智麻呂と多治比三宅麻呂・穂積老配流事件・木本好信
都城の葬地・國下多美樹
部曲の廃止・篠川 賢
仏神の響きと僧尼令作音楽条・中川 修
寿永二年「君臣合体」の舞台裏・樋口健太郎
物部氏と古代の市・前田晴人
二種類の皇孫思想と天命思想について・水谷千秋
異類のまなざし・三宅和朗
澗底隠者薬恒について・山下克明
欧米における日本古典の学術動向・ロス・ベンダー

『日本国見在書目録』に見える重出書について・榎本淳一
御斎会と諸法会に見る舞楽・大島幸雄
二人の初代と継体・大山誠一
高橋虫麻呂の「富士山」の歌・尾崎富義
藤原実資の憤り・朧谷 寿
戦時体制下の『万葉集』一斑・梶川信行
ニギハヤヒの「天津瑞」・金井清一
長屋王の変と光明立后・佐藤長門
仲麻呂と道鏡の筆跡・関根 淳
嵯峨大覚寺における天神信仰・竹居明男
藤原広嗣の親族讒乱・中川 收
漢文日記に見える『文選』・中丸貴史
余豊璋と養蜂記事・中村修也
官人紀百継について・中村光一
「ころもでひつ」について・廣岡義隆
藤原師実と中重輦車・牛車宣旨・古谷紋子
鞠智城「繕治」の歴史的背景・森 公章
秩父国造の系譜・森田 悌
日本海側城柵の機能と国司制・渡部育子
新刊紹介
木本好信著『奈良平安時代の人びとの諸相』・小囗雅史

『史聚』第五〇号記念号
A5判並製本・352頁
定価:2500円
編集・発行:史聚会
〒600-8268
京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1
龍谷大学文学部史学科二〇七研・木本気付

コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: