今野真二先生より、最新刊の御著書
『北原白秋 言葉の魔術師』をいただきました!
ありがとうございました。

北原白秋

《キャッチコピーより》
「待ちぼうけ」や「この道」などの童謡、
「春の鳥」「君かへす」などの短歌、
象徴詩の粋たる『邪宗門』から円熟期の『水墨集』、
童話、紀行文──様々なジャンルで名作を残し、
その名を知らぬ人のない近代文学の巨匠、北原白秋、
一面のみ取り上げられることの多かった作家の全貌を辿り、
他に類のない広大な言語宇宙の秘密に迫る。

目次
第一章 油屋のTONKA JOHN
第二章 『邪宗門』前夜
第三章 『邪宗門』――言葉のサラド
第四章 『桐の花』のころ――君かへす朝の舗石さくさくと
第五章 光を求めて――三浦三崎、小笠原への巡礼行
第六章 葛飾での生活
第七章 童謡の世界――雨が降ります。雨が降る。
第八章 言葉の魔術師――詩集『海豹と雲』と歌集『白南風』
第九章 少国民詩集――この道を僕は行くのだ
結び
あとがき
白秋略年譜

著者紹介
今野真二(こんのしんじ)
1958年神奈川県生まれ
1986年早稲田大学大学院博士課程後期退学。
高知大学助教授を経て
現在―清泉女子大学教授
専攻―日本語学
著書
『仮名表記論攷』(清文堂出版、第30回金田一京助博士記念賞受賞)
『消された漱石明治の日本語の探し方』(笠間書院)
『盗作の言語学』(集英社新書)
『文献日本語学』(港の人)
『百年前の日本語』(岩波新書)
『漢字からみた日本語の歴史』(ちくまプリマー新書)
『正書法のない日本語』(岩波書店)
『『言海』と明治の日本語』(港の人)
『かなづかいの歴史』(中公新書)
『日本語の近代』(ちくま新書)
『日本語の考古学』(岩波新書)
『日本語学講座』全10巻(清文堂出版)
『戦国の日本語』(河出ブックス)
『リメイクの日本文学史』(平凡社新書)ほか

『北原白秋 言葉の魔術師』
著者:今野真二
刊行日:2017/02/21
ISBN:9784004316497
新書判並製カバー装:288頁
定価:本体880円+税


コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: