図書新聞3290号(2月11日発行)に、小社刊
越野優子著『国冬本源氏物語論』
の書評が掲載されました!
評者は上原作和先生、
「瞠目の見解が綺羅星の如く展開
 それぞれの問題点から国冬本の独自本文を抽出し、
その意味を説く各論は圧巻」
との見出しが躍ります!

20170207書評

『国冬本源氏物語論』 詳細はコチラ
越野優子著
ISBN:978-4-8386-0296-4
本体9,500円+税
A5上製カバー装・272頁

コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: