科学特捜隊の隊員が付けていた流星バッジ

流星バッチ01
(↑これはリアルな金属製、もちろんこんな高価なものは当時持っていません)

昭和40年代の子供たちが買うことができた流星バッチは
駄菓子屋でよく売られていました。
プラスチック製の安物ではありましたが、
当時の男の子なら誰でも一度はこのバッチを胸に付けて、
本気でウルトラマンを目指したことがあるはず。

流星バッチ02

昔、神保町の路地裏はそんなウルトラマン達であふれかえっていました。
そして、みんなで地球を守っていたのです。



コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: