5月14日、15日の二日間、
日本語学会2016年度春季大会(学習院大学)に出展いたしました。

20150514nihongo01.jpg

20150514nihongo02.jpg
初日、西2号館3階での展示の様子

20150514nihongo03.jpg
二日目、創立百周年記念会館出展ブース

初日、二日目と、会場校の安部先生をはじめとする開催校委員の先生方、
大会スタッフの皆様の入念なご準備のおかげで、
手際よく出展場所の設営、展示ができました。
厚く御礼申し上げます。
また、多くの方々に書籍のご注文をいただきました、
重ねて御礼申し上げます。



ところで・・・
20150514nihongo04.jpg
20150514nihongo05.jpg
こちらはその名も「血洗いの池」、名称だけ聞くと
なんだか不気味な感じがしますが、池に立てられた銘板によりますと、
「赤穂浪士の一人堀部安兵衛が、高田馬場の決闘で叔父の仇を討った際、この池で刀を洗ったことから名付けられた──。いつの頃からか、先輩から後輩へ伝えられているこのエピソードは、大正時代の高等科生たちによって作られたもの。元々は湧水でできた池で、かつては灌漑にも用いられ、水門があった。目白校地の中でも特に緑豊かな場所で、水鳥をはじめとして、多くの動物の姿を見ることができ、今も昔も学生たちにとっての憩いの場所となっている。」
とのことで、四季折々の移ろいを見せ、都会の喧噪を忘れさせてくれる、
学習院大学目白キャンパスの癒しのスポットとしてことに有名です。



コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: