鶴見大学図書館で貴重書展が開催されています!

第140回鶴見大学図書館貴重書展「草双紙の諸相―絵と文を読む江戸文芸」を開催しています。
今回の展示はこの春に新任でいらした日本文学科の神林尚子先生が担当しています。
草子モノの楽しい世界が図書館入口でにぎやかに展示されています。
色鮮やかな表紙がずらっと並んだ大展示ケースは迫力満点です。

講演会とギャラリートークも行いますので、ぜひとも足をお運びください。

「草双紙の諸相-絵と文を読む江戸文芸」 
展示期間:平成27年6月25日(木)~7月15日(水)

特別講演会

「草双紙のさまざま-形態・内容の両面から」
日時:7月11日(土) 13:30~15:00
会場:図書館地下1階ホール
演者:神林尚子(本学文学部講師)

※参加費無料。事前申込は不要です。

鶴見大学図書館ブログはコチラ

ポスターはコチラ

解題はコチラ

コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: