石田仁志先生(東洋大学)より、
「白山文学研究」第2号 をお送りいただきました!

このような形で、研究成果を発表できる場を設けることは、
院生のみなさんにとっても大変励みになろうことかと思います。
御恵送ありがとうございました!

白山文学研究

白山文学研究 第2号

「上海游記」に表れた芥川の態度
  ─「南京の基督」を足がかりとして─…佐藤 翔哉
江戸川乱歩「押絵と旅する男」に描かれる浅草…古田(高橋)圭
井東憲「赤い魔窟と血の旗」論…堀内 史凱
湯浅克衛「棗」──「金、太郎」という混血児の登場…長瀬 由紀峰
吉屋信子『戰禍の北支上海を行く』
  ─吉屋信子における北支・上海─…関根 順子
〈研究レポート〉
吉行エイスケ『新しき上海のプライヴェート』
 ─作家そして作品誕生の背景を見る─…明石 玲子

2014年11月15日発行

編集兼発行者
東洋大学大学院文学研究科 
日本文学文化専攻 石田仁志研究室

コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: