原岡文子著『源氏物語とその展開 ─交感・子ども・源氏絵』を、
竹林舎さまよりいただきました!
ありがとうございました!

haraoka.jpg


目 次

Ⅰ『源氏物語』の「交感」

第1章 末摘花考─霊性・呪性をめぐって─
第2章 玉鬘考─交感・交通・流離をめぐって─
第3章 六条御息所の「もののけ」─交錯する視線をめぐって─
第4章 宇治十帖の世界─仏教をめぐって─
第5章 『源氏物語』の女房をめぐって─宇治十帖を中心に─

Ⅱ 平安文学の「交感」

第6章 平安文学の男性観・女性観覚書

⑴『伊勢物語』の「男」をめぐって
⑵『蜻蛉日記』をめぐって
⑶『枕草子』の男性観をめぐって

第7章 『源氏物語』と『更級日記』小考─御法の巻から『更級日記』へ─
第8章 『更級日記』の旅をめぐって
付 『更級日記』冒頭部「生ひ出でたる人」小考
第9章 『更級日記』の信仰をめぐって

Ⅲ「子ども」をめぐって

第10章 物語の子どもたち─『うつほ物語』から『源氏物語』へ─
第11章 学ぶ・合わせる・遊ぶ─『口遊』、『枕草子』をめぐって─
第12章 「いはけなき」光る君の登場をめぐって
第13章 『源氏物語』の結婚─紫の上を中心に─
第14章 雲居雁の身体をめぐって─常夏の巻を始発に─

Ⅳ 源氏絵・歴史物語へ
第15章 夕霧の物語、徳川・五島本「源氏物語絵巻」とその変容
第16章 紫の上終焉、悲しみの構図─徳川・五島本「源氏物語絵巻」「御法」等を起点に─
第17章 『源氏物語』蛍の巻の物語論から『栄花物語』へ
第18章 永平親王暗愚譚をめぐって─女の説話(『栄花物語』)、男の説話(『大鏡』)─
第19章 『大鏡』と説話─源俊賢を起点に─
第20章 歴史物語へのまなざし─『讃岐典侍日記』、『袖中抄』、『袋草紙』をめぐって─

初出一覧/あとがき/用語索引


源氏物語とその展開 ─交感・子ども・源氏絵
定価:本体9,800+税
著者:原岡文子
頁数: 440頁
ISBN:978-4-902084-23-8
コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: