手書きの手紙を書くときや、
ゲラに朱入れをするときは、
当然手書きの文字になりますが、
そんなとき、トメ・ハネが気になることがあります。
その他、自分の書き癖の
どこまでが、その漢字の許容範囲なのか?

そんな疑問に明確に答えてくれるのが
財前 謙編著『手書きのための漢字字典』なのです。

384035_b (0)

ワープロ全盛の今こそ、
手書きの文字を再確認する必要が
あるように思います。

かなり評判のようで
現在は第二版となりました!
財前 謙編著『手書きのための漢字字典 第2版』

オススメの一冊です!

384035_b (1)

ところで、編著者の財前 謙先生のことが
詳しく載っているサイトを発見しました。
コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: