春分の日 青山墓地に墓参りに行ってきました。

この墓地は、総面積26万平方メートルで、
23区内ではおそらく一番大きいのではないでしょうか。

実にさまざまな方のお墓があります。
ちょっとあげただけでも、
乃木希典・大久保利通・北里柴三郎・後藤新平・
濱口雄幸・池田勇人・犬養毅・国木田独歩・
斎藤茂吉・志賀直哉・中勘助・相馬永胤・・・
業界としては、国語学者の時枝誠記先生、
また、近代文学者の吉田 精一先生。
(吉田先生は小社より『近代日本浪漫主義研究』(東京武蔵野書院 1940)を
刊行されました。)
枚挙にいとまがありません。

2014032301.jpg

園内は、外界の喧噪がいっさい聞こえない静かな環境で、
草木が生い茂り、春は花見の名所となります。
最近は周辺に高い建物が増えてきました。
2014032302.jpg

しかし、最近、墓参りをして思うのは、
お花やお線香が添えられていない、
いわゆる無縁仏が急速に増えてきていることです・・・

そういうことろは、駐車場に整備されたり、
場所を移動されたり、色々あるそうです。

小社創立者と二代目もこちらの墓地に眠っております・・・
コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: