都留文科大学国語国文学会様より
『国文学論考』第47号をいただきました。
「加藤静子教授退職記念号」とのことです。

国文学論考


表紙目次に 久保木哲夫先生(元都留文科大学学長・名誉教授)
のお名前がみえますが、
加藤先生の退職記念号であるなら是非投稿したいという
お申し出によるものであると「編集後記」にありました。

冒頭の「加藤静子教授 略歴・著書論文目録」には、
その御業績の数々が記されており、圧巻でありました。

小社におきましても
武蔵野書院90周年記念論集『平安文学史論考』(秋山虔編)に
「女たちの、歴史叙述─『栄花物語』正篇倫子腹の子女たちの描き方から─」を、
また、雑誌『むらさき』四三輯に、
「顕昭が用いた『大鏡』─業平の恋の相手」をお書きいただいております。

これまでの数々のお導きに感謝申し上げるとともに、
御退職後の益々のご活躍を祈念しております。
コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: