有名な怪談落語『牡丹灯籠』の小説化。
怪談と仇討の話を「捕り物」として読みやすく書かれている。
怖いのは、幽霊なのかそれとも… と、思わされて、
「…幽霊などよりも、人間の情の方が、よっぽどおそろしい…」
この言葉に、うなづくしかないと思わされる。

物語の登場人物の心の機微が細やかに描かれていて、
コツコツとお話が積み上げられていく。
落語のお話を知っていても、知らなくても、
面白く読むことができます。

815Zs-bg0xL.jpg

小説 牡丹灯籠
大橋崇行(著)/柳家喬太郎(監)/ 松浦シオリ(画)/
ISBNコード 9784576201702
判型 四六判
定価 本体1400円+税
初版年月日 2020年10月26日

内容紹介

こいつらの誰からも
つきまとわれたくない
――――柳家喬太郎


貴方がまたいらしてくださらなければ、私はきっと、死んでしまいますよ

浪人の荻原新三郎は、旗本飯島平左衛門の娘、お露と知り合って惹かれあうが、会えない日々が続き、ついには、お露は恋焦がれ死に、女中のお米も亡くなってしまった。それから夜ごと、新三郎のもとに通ってくるお米とお露の幽霊。経と如来像、札を授けられた新三郎はお露から身を守れたかのように見えたが、下働きの伴蔵の手引きにより、新三郎はお露に取り殺されてしまう。しかし、そこには複雑な因縁と企てがあったのだ――


怪談と仇討ちの物語を捕物帖として再構築するシリーズ第2弾!
第1弾の「真景累ヶ淵」に続く三遊亭円朝の代表的作品でもある「牡丹灯籠」を近代文学研究家で作家の大橋崇行が小説化。
「お岩の四谷怪談」「お菊の皿屋敷」「お露の牡丹灯籠」と三大怪談の一つに数えられる本作であるが、実は怪談として語られているのは、前半の一部を切り抜いたもの。
本来の姿は愛憎と、主君の仇討ちにいたる複雑に入り組む物語である。本書では「牡丹灯籠」全体を余すことなく小説化している。
実力派落語家の柳家喬太郎が監修をする。

コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: