さる、12月1日(土)に
銀杏が美しく黄葉した東京大学の
法文一号館2階25番大教室において
2012年 紫式部学会創立80周年記念講演会が開かれました。

m00

m01

本講演会で、秋山虔会長が勇退されました。
講演タイトルは「源氏物語の原文と訳文と」です。
会長職こそ辞されましたが、まだまだお元気なので、
今後とも御指導を賜りたく思っております。

m03

紫式部学会80周年記念出版の
『源氏学の巨匠たち』を手に取られ、
案内をされる秋山先生

m04

聴衆から大きな拍手が贈られました

m05

会場である、東京大学法文一号館の階段窓よりの風景

m02

その後、
大津透先生による「藤原道長の歴史的意義」

m06

清水婦久子先生による「源氏物語千年」と続き、

m07

2012年の紫式部学会80周年記念講演会も
無事おひらきとなりました。

今年も、御参加者のみなさまに多くの書籍をご覧頂き
お買い上げ頂きました。
厚く御礼申し上げます。


小社打ち上げは、昨年同様、神田神保町の
ランチヨンにて・・・
おつかれさまでした!

m08
コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: