一点は、米田達郎著
鷺流狂言詞章保教本を起点とした 狂言詞章の日本語学的研究』
A5判上製カバー装・308頁 定価:本体8,500円+税
書籍詳細と御注文はコチラ
狂言詞章を日本語史の中でどう位置づけるか、
著者年来の研究成果をこの一書に結実!


新刊二点web100dpi

もう一点は、廣田 收・辻 和良 編著
『物語における和歌とは何か』
A5判上製カバー装・372頁 定価:本体10,000円+税
書籍詳細と御注文はコチラ
総勢15名の論客が、物語研究に新たなる道筋を付ける!

どうぞよろしくお願いいたします♪


コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: