青山学院大学日本文学会主催 国際シンポジウム
「歌舞伎の東西 ―絵と文化―」のご案内

 爽秋の候、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、この度、青山学院大学日本文学会では、来る2020年3月21日(土)に、青山キャンパス17号館5階17512教室におきまして、国際シンポジウム「歌舞伎の東西 ―絵と文化―」を下記の要領で開催することとなりました。是非多くの皆様にご来場いただきたく存じております。なお、講演会にはどなたでもご参加いただけます。

2020_sympo 100mm

青山学院大学日本文学会主催 国際シンポジウム
「歌舞伎の東西 ―絵と文化―」
開催場所: 青山学院大学(青山キャンパス)17号館5階 17512教室
開催日: 2020年3月21日(土)
受付: 12:30~ 参加無料・事前申込不要、一般来場歓迎
 
●シンポジウム内容
 13:00~16:30
アンドリュー・ガーストル(ロンドン大学SOAS名誉教授)
「摺物にみる上方芸能人の活動
岩田秀行(跡見学園女子大学名誉教授)
「團十郎贔屓と歌舞伎十八番」
神楽岡幼子(愛媛大学教授)
「黄表紙と役者絵―『其返報怪談』にみる仕掛け―」
大屋多詠子(青山学院大学教授)
「馬琴作品の歌舞伎化と上方・江戸」
(休憩)
全体討議・質疑応答コメンテーター:
佐藤かつら(本学教授)・韓 京子(本学准教授)

お問い合わせ
青山学院大学日本文学科 TEL(03)3409-7917

コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: