「成蹊國文」第52号と、「成蹊大学文学部紀要」第54号を
桜井宏徳先生よりお送りいただきました。
ありがとうございました。
「成蹊國文」第52号には、昨年7月に台風12号接近により
中止となった成蹊大学「文学部スペシャル・レクチャーズ」で
予定されていた、揖斐高名誉教授の講演会と、鈴木 亮、
桜井宏徳両先生の研究発表が掲載されています。
特に揖斐先生の御講演「江戸漢詩への誘い」は、
コチラで公開されています。

成蹊國文 第五十二号
成蹊國文52
光源氏の須磨退去
 ─賢木巻巻末を手掛かりとして─…吉田幹生
──────────────────────────
浅井了意における孝道論
 ─『堪忍記』を中心に─…董航
日露戦後における国木田独歩の逸文
 ─『新古文林』時文欄の再検討─…芦川貴之
岡本綺堂「影を踏まれた女」論
 ─探偵小説ジャンルとの比較を通じて─…鈴木優作
ことわざに見られる比喩の日中対照研究
 ─植物の生長に関わることわざを考察対象として─
          …銭 秀双
──────────────────────────
江戸派の終焉
 ─徳川時代後期歌人井上文雄の学統意識─
            …鈴木 亮
『栄花物語』〈男の心〉考
 ─「男の御心こそなほ憂きものはあれ」─
            …桜井宏徳
江戸漢詩への誘い…揖斐 高
──────────────────────────
第二十九回日本文学科研究奨励賞(欅賞)発表・佳作要旨
平成三十年度卒業論文題目
日本文学科教員紹介

成蹊大学文学部日本文学科[編] 2019年3月発行


成蹊大学文学部紀要 第54号
成蹊大学文学部紀要
──────────────────────────
理美容師の志望者はどのような動機をもつのか
 ─自由回答の計量テキスト分析─
    …森田厚、小林盾、川端健嗣
地域づくり型介護予防事業は健康や地域意識を高めるのか?
 ─横浜市元気づくりステーション事業の4年間の
  パネル調査をもちいた効果検証─…渡邉大輔
Vanity Fair
 ─関係代名詞の選択について─…山本史歩子
講演会、研究会記録(2018年1月~12月)
──────────────────────────
紀友則の死を読み解く
 ─紀貫之がほのめかす死─
     …桜井宏徳、清水咲希

成蹊大学 文学部学会 2019年3月発行