アジアカップ2019準決勝、日本がイランに3-0で勝利しました。
相手国イランはFIFAランキングでアジア最上位の29位。
強敵です。しかも完全アウェイの中でのゲームでした。

試合が動いたのは後半56分頃、南野の左サイドからのクロスを
大迫がヘディングでゴール。
その直前、南野と相手選手の接触がノーファウルに。
インプレーにもかかわらず、
イラン選手陣が主審にシミュレーションを主張する中、
その隙をついてのすばらしいプレーでした。

20190128-01.jpg

復帰した大迫もさることながら、
南野や原口の活躍、
そしてなにより冨安らの守備陣が粘り強く
頑張ったのが勝因でしょう。

2月1日(金)に行われる決勝で
カタール代表vs UAE代表の勝者と
優勝をかけて戦うことになりました。
ガンバレ!日本!