「ユニコムプラザさがみはら」で開かれた、
鶴見大学・鶴見大学短期大学部の「出前講座」で、
高田信敬先生の「古典の謎─貴族達の遊び心─」
を拝聴いたしました!
20160822-01.jpg

20160822-02.jpg

戦国時代の貴族や天皇は、
暇つぶしに言葉の謎解きをしていたそうです。
例えば、
「十里の道をけさかへる」という謎言葉の答えは、
「十里」=「五里+五里」=ゴリが二つで濁り酒、
「けさ」(朝)まで飲んでべろべろで帰宅・・・という意味

次に霊元天皇御作の謎言葉
「面が歩く」の答えは?
ツラが行く=ツラがユク=ツラユキ
お面は「木」でできているから=キ
つまり、紀貫之(キノツラユキ)・・・という意味

20160822-03.jpg

それでは、練習問題
a 「梅の木をみづにたてかへよ」
b 「あらしは山をさりて軒のへんにあり」
c 「四季のはじめ月のをはり」
d 「雪は下とけてみちあり」
とはなんのことでしょうか???

20160822-05.jpg

答えだけを書いておきますと、
a 「海」
b 「風車」
c 「花扇(はなあふき)」
d 「露」
となります・・・

それではここで言葉を操作する高い技術を伴った謎言葉をふたつ。
兼好法師が、頓阿(とんあ)法師(和歌四天王の一人)に送った歌とその返歌です。

e 「よもすずしねざめのかりほ手枕もまそでも秋にへだてなき風」
  (夜も涼し 寝覚めの刈穂 手枕も 真袖も秋に 隔てなき風)
 かへし
f 「夜もうしねたくわがせこはてはこずなほざりにだにしばしとひませ」
  (夜も憂し ねたく我が夫こ はては来ず なおざりにだに しばし訪ひませ)

如何ですか?ヒントは和歌(短歌)であること。「手枕」は「たまくら」と読みます。
また、この記事の画像の中にもヒントが隠されていますよ~~

20160823-01.jpg

このようなお話しが立て板に水の如く出てきます。
いつもの高田先生の御講義とはちょっと違う、
しかし大変面白いお話しで、あっという間に時間が過ぎました。

講義が終わるとちょうどお昼、
カルビロコモコプレートに舌鼓を打ちました・・・