「むらさき」の第51輯ができました!

今回より、表紙絵が変わりました。
日本画家の渡辺玉花(わたなべ・ぎょくか) 先生の
「源氏物語五十四帖」より、今回は「桐壺」です。
また、表紙裏の「表紙絵解説」は福嶋昭治先生によるものです。

【表紙絵】
渡辺玉花 日本画家
渡辺洪基と妻松子の長女として、明治34年に生まれる。昭和63年から新興美術院理事長を務めた。「藤壺宮立后(100号)」で内閣総理大臣賞を受賞。紫式部が青春時代を過ごしたまち武生市の依頼で「連作 源氏物語五十四帖」を平成元年春に完成させた。平成2年武生市文化功労賞を受賞。平成8年没。

【表紙絵解説】
福嶋昭治 京都橘大学教授
専門は『源氏物語』『枕草子』を中心とした平安時代の文学。越前市で毎年開催される「源氏物語アカデミー」では常任講師を担当している。

A4たて_表面-[むらさき]A
「むらさき」第51輯表紙

内容も充実、オススメです!

「むらさき」第51輯 contents
和文の表記も進化する?……三角洋一
源氏物語講演
源氏物語長編の創造─ ことばと時間 ─……高田祐彦
源氏物語における「おぼゆ」─ 恋慕と秘事と ─……中川正美

研究
述懐歌の機能と類型表現
─『毛詩』「鶴鳴」篇を踏まえた和歌を中心に ─
………………………………田中智子
手習巻の浮舟の回想と『源氏物語』続篇終盤の世界
─ 蜻蛉巻の薫との照応に着目して ─
………………………………久保堅一

源氏物語講座
光源氏と藤壺……藤原克己

源氏物語玉手箱Ⅱ
細川切の摩訶不思議……高田信敬

研究余滴
『蜻蛉日記』上巻、求婚時の和歌をめぐって……武田早苗
『蜻蛉日記』の「町の小路の女」考……田渕句美子
散文と和歌の連接
─ いわゆる「画賛的和歌」をめぐって ─
………………………………………………山本登朗
目を側めつつ
─ “横目でにらむ”のか、“目をそむける”のか ─
………………………………………………仁平道明
四韻と絶句─ 『源氏物語』乙女巻補注 ─
…………………………………………………佐藤道生
恋愛はだれが発明したのか……マリア・テレーザ・オルシ
〈新作薫物〉と平安文学……田中圭子
室町後期、源氏物語写本の値……岡嶌偉久子
古典語研究と「コーパス」……近藤泰弘
平安京は「たいらのみやこ」か?……橋本義則

源氏物語研究文献目録 ─平成25年分─ ……松本亜由美

紫式部学会だより

A5判 並製カバー装
144頁 定価2500円(税込)