当ブログで2月3日付にてご案内いたしました
3月2日(月)開催予定だった、「能楽学会東京例会」が、
新型コロナウィルス流行の状況を鑑み、
同日の例会が延期されることになりました。
以下、延期の御案内です。

【急告】3月例会 延期のお知らせ
3月2日に法政大学にて能楽学会例会を予定しておりましたが、新型コロナウィルス流行の状況を鑑み、参加者全員の健康を配慮して同日の例会を延期することになりました。延期した例会の開催日につきましては、あらためてホームページ上にてご案内いたします。皆様のご理解をお願い申し上げます。

+ + + + 能 楽 学 会 + + + +
〒102-8160  東京都千代田区富士見2-17-1
野上記念法政大学能楽研究所内
℡ 03-3264-4910(ダイヤルイン)
E-Mail Nohgaku.jim(アットマーク)gmail.com
開室日 木曜日10:00~16:00

下記日程にて、「能楽学会東京例会」が開催されます。
事前申込不要・入場無料です。
来聴歓迎とのことです。

日時:2020年 03月 02日 (月)  17:30~19:30

場所:法政大学市ヶ谷キャンパス
    ボアソナードタワー26階 A会議室

内容
キリシタンは幸若舞をいかに読んだか
〈幸若「富樫」と能「安宅」の相異と語り復元〉

第Ⅰ部 研究発表
    キリシタンは幸若舞をいかに読んだか
         〈幸若「富樫」と能「安宅」の相異と語り復元〉

               発表者:小林千草(元東海大学教授)

第Ⅱ部 幸若「富樫」語り復元
     企画・解説         小林千草
     語り実演 ワキ方福王流   福王和幸

備考
*事前申込不要・入場無料
*法政大学能楽研究所「能楽の国際・学際的研究拠点」共催

連絡先
能楽学会、能楽学会東京例会

20200203 kobayashi

下記日程で「第77回 日記文学会大会」が開催されます!
来聴歓迎(無料) 多数の御参加をお待ちしております!


日記文学会 大会のお知らせ

第77回大会 令和元年12月21日(土)
会場:國學院大學渋谷キャンパス総合学修館〈6号館〉地階6B11教室
交 通:JR山手線、東急線、京王井の頭線、地下鉄線「渋谷」駅下車
     渋谷駅より学03系「日赤医療センター行」国学院大学前 下車
13:30開場 14:00開始 (17時ころ終了)
運営委員会:13:00~14:00(総合学修館〈6号館〉1階6101教室)
     ※食事はご用意いたしません。

map kokugakuin
          
研究発表

①『更級日記』の名所表現についての一考察
早稲田大学非常勤講師 富澤祥子

②『建礼門院右京大夫集』の出自意識 
実践女子大学専任講師 久保貴子

③『建礼門院右京大夫集』題詠歌群の機能
日本女子大学非常勤講師 中村 文

研究発表会後、総会、懇親会を行います。
総 会17:00~17:30 総合学修館〈6号館〉地階6B11教室
懇親会17:30~
カフェラウンジ若木ヶ丘〈國學院大學学術メディアセンター1階〉

公式サイトはコチラ

東北大学 川内北キャンパスにて開催中の
日本語学会 2019年度秋季大会に出展中です。
是非お立ち寄りください!
20191026-10.jpg

20191026-11.jpg
会長対談―前川喜久雄氏を迎えて―
 日本音声学会会長 前川喜久雄 先生
 日本語学会会長 金水敏 先生
会場は多くの聴講者で埋まりました。

20191026-13.jpg

20191026-14.jpg
新刊書籍を多数揃えて皆様のお越しをお待ちしております!

関西学院大学で開催された、
2019年度 中古文学会秋季大会に出展いたしました。
今回は台風の影響で初日のシンポジウムは中止。
しかし、台風一過の元、二日目の研究発表は予定通り開催です。
20191013-01.jpg

会場は、台風直後にもかかわらず、熱心な参加者で埋まりました。
20191013-02.jpg

宅急便も使えなかったため、
今回は荷物持参で参加させていただきました。
20191013-03.jpg

いつもより展示書籍は少なくせざるを得ませんでしたが、
秋の新刊も無事お披露目ができ、また、
多くの先生方と有意義なお話もできました。
20191013-04.jpg
20191013-05.jpg
台風襲来により、大会開催の判断は、
大変むつかしいご判断だったと思います。
初日のシンポジウムを早々に中止とし、
二日目の研究発表のみ開催という英断をされたことは
新代表委員の久保朝孝先生のご慧眼によるものかと思います。
また、会場校のスタッフの皆様の御努力も大変なものが
あったことと思います。本当にありがとうございました。
深く御礼申し上げます。