近所のプラットフォームスクウェアさんの中庭に
ランチタイムに開店するNEO屋台村。
キッチンカーのテイクアウトランチです。
暖かい春のオフィス街のお昼時、
今日も長い列ができています。

20180409 neoyatai01

今日のランチはここのオムライス(真ん中の黄色いキッチンカー)にしました。
10種類くらいあるメニューの中から、ポークホワイトソースをチョイス。
トッピングでチーズを載せました。
20180409 neoyatai02
タップリのホワイトソースに浮かぶように鎮座するオムライス。
黄金色に輝くこだわりの卵はお味が濃厚で、
ほどよく炒められたケチャップライスとよくマッチしています。
その上にこのクリーム感タップリの、だけどしつこくないソースが
またまたベストマッチ。
トッピングのチーズがトローリと、これもいい仕事してます。

20180409 neoyatai03

旨かった~~(^0^)!さて、午後からもうひと頑張りしますかッ!

2018-03-26 (月)の当ブログに登場しました、
神田駿河台下のお菓子処「さゝま」さん。
春の和菓子ラインナップが勢揃いです。
さっそく、小社社員のおやつに買ってまいりました。

20180326ささま

目にも鮮やかな春らしさ、お味も甘さを少しだけ抑えた、
まるで、春そのものをいただいているような、
とっても上品な味わいです・・・。
本日のおやつとして、社員みなで美味しくいただきました。
20180330 sasama

今月の半ば頃でしょうか、
今までうなぎ屋さんだった場所に、
(咸亨酒店の隣)
「おそば屋りっちゃん」がオープンしました。
関西風出汁をベースにし、じっくりと素材の旨味が引き出された
コク深い独自配合の出汁は、
北海道産昆布と厳選した国産の鰹節、
そして椎茸を独自の配合で調合し、
そばにもうどんにも合う優しい味の出汁を完成させたとのこと。

20180330 ricchann001

今回は「掻き揚げそば」をチョイス。
透明な汁につかった麺が透き通って見えます。
まずは、だし汁を一口。
なるほど、コクがあって旨し!
そばの麺が少々柔らかめですが、
まあ、この関西風出汁なら合うと思います。

20180330 ricchann002

どうやら、ウリは「うどん」のようなので、
次回は「名物」の「かすうどん」にチャレンジしてみたいです。

一昨日の野球応援の後、ガス橋方面に歩いていると、
煙がもくもくしています。
その方向に目をやれば、
なんとレトロっぽい鰻屋さんがあるじゃないですか。
その隣は目蒲病院で、こちらは多摩川のグラウンドで
怪我をしたりするとよくお世話になっていた病院ですが、
隣は鰻屋さんだったかな?記憶にありません。
20180326 unagi 01
中に入るとまさに昭和レトロな店内の様子、
テーブルが4卓と、二階席があるようです。
20180326 unagi 02
椅子の背もたれには「うなぎ日吉」とくりぬいてあります。
20180326 unagi 03
ほんと、昭和映画のセットによく出てくるような「お品書き」
20180326 unagi 04
鰻の焼き上がりを待つことしばし、
肝焼きとぬる燗で至福のひととき・・・
肝焼きはこの、にがうまさがたまりません。
20180326 unagi 05
鰻重(竹)の焼きあがり、少々からめのたれが、
こんがり焼けた鰻によくあいます。
20180326 unagi 06
お新香とお吸い物付きで2500円、
今時リーズナブルなお値段かと思います。
思いがけずに鰻に舌鼓を打ったの巻。


学生時代、
国立(くにたち)の旭通りにある(今でもあります)
「国立床屋」(くにたちとこや)に散髪に通っていた頃、
もうかれこれ35年前、
よくお世話になった「すた丼の店」。
ラーメンセットが激安激うまで超満腹、
貧乏学生の強い味方でした。
ここのところ、どうやらフランチャイズ化して展開しているようで、
神田界隈ではお茶の水や秋葉原にも進出。
久しぶりに懐かしい味に舌鼓を打ちました。

20180118すた丼