国文学研究資料館共同研究(特定研究(課題))研究成果報告書
「読書─人・モノ・時空─」を
研究代表者の桜井宏徳先生より、送りいただきました。
ありがとうございました。

   研究概要
  口研究テーマ
   読書-人・モノ・時空-
  口研究期間
   平成二十六年度~平成二十八年度(三年間)
  口研究目的
     現代は、書物を介した「読書」という人間の営みが、
   電子テクストの普及によって
   大きく変容を迫られている時代であるが、
   「読書」という行為には、日本においても長い歴史がある。
     本共同研究では、主に古代・中世の和歌や物語、
   歴史叙述などの古典作品が、近世から現代にかけて、
   時空を超えてどのよに読まれてきたのかを
   具体的な検討課題として、
   人びとが「読書」という営みにいかに関わってきたのかを
   明らかにすることを目指す。


20180619 sakurai01
  国文学研究資料館共同研究(特定研究(課題))研究成果報告書
   「読書─人・モノ・時空─」
   A4判 91頁 並製本 非売品
   平成三十(二〇一八)年三月ニ十九日発行
   編集 共同研究(特定研究(課題))
      「読書─人・モノ・時空─」
      研究代表者 桜井宏徳
   発行 人学共同利川機関法人 人間文化研究機構
      国文学研究資料館


目 次
緒言・研究概要 / 桜井宏徳
『日本書紀』古訓をよむ / 福田武史
大山為起『味酒講記』諸本の発生
  ─事蹟顕彰としての書写活動─ / 渡邉 卓
実方集考
  ─地名を詠む歌を中心に─ / 河本明子
近世禁裏仙洞における歌合資料の書写活動について / 酒井茂幸
『大和国地名類字』による学び
  ─契沖の学問一斑─ / 玉田沙織
大石千引『栄花物語考難註』考
  ─近世後期『栄花物語』読書史一斑─ / 桜井宏徳

なお、桜井宏徳先生による「緒言」によれば、
研究分担者のお一人である酒井茂幸氏は、昨年、本研究成果報告書の刊行を侍たずに急逝された。学界を裨益する目覚ましい成果を次々に挙げられており、本共同研究にも常に献身的に寄与されていた氏の、あまりにも早いご逝去の報は、私どもに大きな衝撃と悲嘆をもたらした。ここに謹んで酒井氏のご冥福をお祈りするとともに、ご遺稿を本研究成果報告書に掲載させていただいたことを、氏のご霊前にご報告申し上げる。
と、結ばれております。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


当ブログでもご紹介した、
特別展「狂言―山本東次郎家の面(おもて)―」が、
國學院大學博物館にて好評開催中ですが、
20180530omote01.jpg

その特別展で販売されている「展覧会図録」がすごいんです。
山本家に代々伝わる狂言の装束や道具、
多数の「面(おもて)」が大変美しいフルカラーで紹介されています。
國學院大學博物館にて好評発売中です。
20180530omote03.jpg
  『國學院大學博物館 特別展 図録
  狂言―山本東次郎家の面―』
  フルカラー44頁
  価格:1000円(税込)
  ※ なお、本図録は郵送にて販売もしているとのことです。
  詳しくは http://museum.kokugakuin.ac.jp/publication/
  にてご確認下さい。

   20180530omote02.jpg

  特別展「狂言―山本東次郎家の面(おもて)―」は、
  7月8日(日)まで開催されます。
  是非一度ご覧下さい!
  ※ 詳細はこちら よりどうぞ。



    都留文科大学国語国文学会様より、
    「国文学論考」第54号をいただきました。
    ありがとうございました!

 国文学論考 第54号20180528 70mm

    国文学論考
    第54号
    平成三十年三月

    物語の叙述態度から見た松浦宮物語巻一の擬古性…加藤浩司
    大伴家持の七夕独詠歌再論…鈴木武晴
    高等学校古典学習への提言…小石川正文
      ─次期学習指導要領を視野に─
    『同文通考』の異体字…田村夏紀
      ─正字と異体字の字体の差異の特徴─
    国文学研究資料館所蔵山鹿文庫『韻鏡解書』について…石橋賢太

    * * *

    彙報
    平成二十九年度修士論文・卒業論文題目
    平成二十九年度国語国文学会主催講演会記録
    平成二十九年度受贈雑詰日録
    編集後記

    都留文科大学国語国文学会
    国文学論考第54号
    平成30年3月15日 印刷
    平成30年3月22日 発行
    編集兼 都留文科大学国語国文学会
    発行人 加藤浩司
    A5判並製本・66頁・非売品

本年度第1回目の研究発表会を下記の要領で開きます
(※研究発表会についての出欠のお返事は6月6日(水)までにお願いいたします)
 
    記
発表題目 発表者
○「昭和期の変体仮名使用について―作家の葉書の場合―」
  成蹊大学文学部 教授 久保田 篤 氏
   
○「《漢文》はいかにして日本語の表記法から消えたのか?
 ―倒置記法から熟字訓へ―」 
 東京大学大学院人文社会系研究科 助教 田中 草大 氏

発表日時  平成30年6月16日(土)午後2時より
発表会場  白百合女子大学(調布市緑ヶ丘1の25)3号館2階3201教室
        アクセスはコチラ
会費    1,000 円  
交通 京王線仙川駅下車、甲州街道方面へ直進、徒歩10分
小田急バス JR三鷹駅西口①・吉祥寺駅南口⑦乗車、白百合女子大学入口下車、徒歩5分
小田急バス 小田急線成城学園前駅北口③乗車、仙川駅入口下車、徒歩15分
※資料を用意致しますので、研究発表会へのお申し込みは11月29日(水)までにお願い致します。
※当日、会費1000円を受付にて申し受けます。

白百合女子大学国語国文学研究室・近代語学会事務局   常盤智子
---------------------------------
近代語学会 事務局
kindaigogakkai(アットマーク)hotmail.co.jp

近代語学会編 『近代語研究』
好評発売中です!


20集

近代語研究 第二十集
978-4-8386-0708-2
定価:本体18,000円+税
A5上製函入 712 頁
※詳細はコチラからどうぞ

kindaigo 19
近代語研究 第十九集
ISBN:978-4-8386-0297-1
定価:本体18,000円+税
A5上製函入 700頁
※詳細はコチラからどうぞ

kindaigo 18
近代語研究 第十八集
ISBN:978-4-8386-0280-3
定価:本体18,000円+税
A5上製函入 672頁
※詳細はコチラからどうぞ

kindaigo 17
近代語研究 第十七集
ISBN:978-4-8386-0267-4
定価:本体16,000円+税
A5上製函入 550頁
※詳細はコチラからどうぞ

木本好信先生より『史聚』第51号をお送りいただきました。
ありがとうございました。
巻頭論文は、和田律子先生の
「高陽院「駒競行幸」時代の藤原頼通に関する一考察
─「行幸和歌」の「白菊」を中心に─」
です。
高陽院時代の頼通の意識とその力について論じられています。

20180509『史聚』 第51号
          『史聚』 第51号(2018年4月)

論文
高陽院「駒競行幸」時代の藤原頼通に関する一考察
─「行幸和歌」の「白菊」を中心に─/和田律子
藤原仲麻呂政権下における文書外交/河内春人
太田茶臼山古墳の被葬者について/鮫島 彰
和銅元年三月の粟田真人・高向麻呂の補任とその背景/藤井孝章
現人神となる神事の比較研究
─天皇・諏訪大祝・出雲国造─/丸山顕誠
円融寺(院)の所在地/渡里恒信

覚書
永承三年の興福寺再建供養と音楽/大島幸雄
土佐大神のこと/大山誠一
『万葉集』の宴席と琴─越中国府で─/梶川信行

新刊紹介
中野渡俊治著『古代太上天皇の研究』/木本好信

研究動向
吉志舞の研究についての前提と課題/池田光佑

『史聚』第51号
2018年4月5日発行
A5判並製本・102頁
定価:1000円
編集・発行:史聚会