竹内正彦先生より、最新刊の御著書
『2時間でおさらいできる源氏物語』をいただきました!
ありがとうございました。

源氏物語五十四巻を御著者独自の切り口で
八章に分け、各章のはじめには
「1分で納得! 源氏物語の世界」として
全体像をつかみやすいように
おおまかな内容を捉えられるように工夫されています。
これまた工夫された系図や年表が、
物語上の人間関係や時間の流れを把握するのに
大変便利です。
総体、御著者が今まで蓄積されてきた知見が横溢、
今まで『源氏物語』に触れたことがない人にも、
是非読んでいただきたいという、
価格も680円+税と廉価に抑えられていますので、
オススメです。

『2時間でおさらいできる源氏物語』(だいわ文庫)
竹内正彦 著
2017年04月12日刊行
ISBN・9784479306474
文庫判・288頁
定価・本体680円+税
大和書房オフィシャルサイトはコチラからどうぞ

2時間でおさらいできる源氏物語

はじめに ─ 一気に源氏物語の深みへ !
第一章 誕生
 一 「桐壺」
 二 「帚木」
 三 「空蝉」
 四 「夕顔」
第二章 密通
 五 「若紫」
 六 「末摘花」
 七 「紅葉賀」
 八 「花宴」
第三章 瑠璃
 九 「葵」
 十 「賢木」
 十一 「花散里」
 十二 「須磨」
 十三 「明石」
第四章 復活
 十四 「澪標」
 十五 「蓬生」
 十六 「関屋」
 十七 「絵合」
 十八 「松風」
 十九 「薄雲」
 二十 「朝顔」
 二十一 「少女」
第五章 栄華
 二十二 「玉鬘」
 二十三 「初音」
 二十四 「胡蝶」
 二十五 「蛍」
 二十六 「常夏」
 二十七 「篝火」
 二十八 「野分」
 二十九 「行幸」
 三十 「藤袴」
 三十一 「真木柱」
 三十二 「梅枝」
 三十三 「藤裏葉」
第六章 晩年
 三十四 「若菜上」
 三十五 「若菜下」
 三十六 「柏木」
 三十七 「横笛」
 三十八 「鈴虫」
 三十九 「夕霧」
 四十 「御法」
 四十一 「幻」
第七章 没後
 四十二 「匂兵部卿」
 四十三 「紅梅」
 四十四 「竹河」
第八章 宇治
 四十五 「橋姫」
 四十六 「椎本」
 四十七 「総角」
 四十八 「早蕨」
 四十九 「宿木」
 五十 「東屋」
 五十一 「浮舟」
 五十二 「蜻蛉」
 五十三 「手習」
 五十四 「夢浮橋」

付録 各章の登場人物たち
年立(年表)
引用文献および主要な参考文献

【コラム】
*内裏図
*平安時代の結婚
*光源氏の人生グラフ
*六条院平面図
*平安時代の主な年中行事
*平安時代の葬儀
*平安時代の遊び
*平安京近郊図



吉野 亨著 『特殊神饌についての研究』(武蔵野書院)が、
平成28年度 神道宗教学会学会賞 を受賞しました!

本書の受賞は、
食文化研究研究部会の奨励賞に引き続き2度目の受賞となります。
吉野先生おめでとうございます。


書影web small

本研究で取り上げる特殊神饌は、
古い──明確な時代こそ推定出来ないが──
信仰や生業、食文化の在り方を継承している。
当然、神饌自体にも歴史的変遷があり、
それらを踏まえて信仰や食文化の様相について触れることになるが、
一つ一つの事例での特殊神饌の在り方を詳細に分析することで、
今後の神饌研究における研究の視点や方法論を提供できると考える。

A4たて_表面-[特殊神饌についての研究]web

詳細はコチラからどうぞ(リーフレットが開きます)

吉野 亨 著 『特殊神饌についての研究』
A5判上製函入
モノクロ336頁
定価:本体11,000円+税
ISBN 978-4-8386-0281-0
発行:武蔵野書院



日本言語文化研究会発行「日本言語文化研究」の
バックナンバー、第18号~第20号を、
糸井通浩先生よりご恵送いただきました。

先日御恵送頂きました
「日本言語文化研究」第21号に掲載されていました
「日本語の哲学(その四) 糸井通浩」の
(その一)~ (その三) を併せて是非読みたいと思っていた所でした。
ありがたく拝読させて頂きます。
ありがとうございました。

20170209 日本言語文化研究181920




先週、二松学舎大学図書館さんに伺ったところ、
『更級日記の新世界』と
『国冬本源氏物語』が、「新着図書」として
配架されていました。
ありがとうございました。

20161124-nishou.jpg

更級 国冬 書影(96dpi)
『更級日記の新世界』詳細はコチラ  『国冬本源氏物語』詳細はコチラ


20161112.jpg

東大正門前の通りのイチョウも色づき始めました。
さて、先日、ノーベル生理学賞を受賞された大隅良典教授。
このビックニュースは耳に新しいところですが、
実は、大隅教授のお兄さん、大隅和雄先生には、小社刊
三橋 正 著『古記録文化論』に序文をお書きいただいております。

三橋 正 著『古記録文化論』の大隅和雄による序文はコチラ

20161112-02.jpg
本書の詳細は→三橋 正 著『古記録文化論』
本体5,000円+税
A5判上製カバー装・432頁
ISBN:978-4-8386-0290-2