本日のディナー(?)はサンデークッキング。
久しぶりにチキンソテー作りました。
側はカリカリ、身はしっとりジューシーに・・・
下ごしらえには多少の時間はかかりましたが、
あとは焼くだけ、塩こしょうだけでこんなに旨い。
しかも安くて満腹・・・

20170903.jpg

ワインがススんでしまいます・・・

自身の気のゆるみから、風邪をひいてしまい、
はや一週間。どうやら立ち直りました。
不覚でした。
そんな中、『日本語の歴史』補巻もなんとか組み上がりまして、
ほっと一息というところです。

こんな時は、肉でも焼いて英気を養いましょう。

スーパーに出かけて見つけたのは、
二枚で1000円台の、USアンガスビーフ。
和牛のAナントカよりもサシ(脂)が少ないので、
ヘルシーはヘルシーですが、
ものによって結構な差があり、
ハズレをつかまされると堅くてパサパサ・・・
なんてこともありますね。
ご経験された方もいらっしゃるのでは???

だけどこれ、下処理如何では柔らかくおいしくいただけるんです。

以下、我流にて恐縮ですが・・・
まずは、大根おろしを大量にすって
(大根は冷蔵庫に転がっている切れっ端で十分)
軽くたたいたり、フォークで小さな穴をあけたり、
したごしらえをした、アンガスビーフに絡めて小一時間おきます。

2017040901.jpg

焼くちょと前に、大根おろしを水洗いして落とし、
残った水気をキッチンペーパーでキレイにふき取ります。
あとは、普通にフライパンで両面をこんがり焼くだけです。
アンガスは脂自体が少ないので、それを補う意味で
うちでは牛脂を利用して焼いてます。

2017040902.jpg

なかなかうまい具合に焼き上がりました!
(写真撮る直前におもむろにバターを載せたので、
不自然に溶けてませんが・・・)

信じられないかも知れませんが、
この一手間を加えて焼いたビーフステーキは、
モノはアンガスでも、箸で切れるほど柔らかくなってるんですよ。
(注・場合によっては柔らかくならない場合もあるそうです、
お含み置きください・・・)

2017040903.jpg

肉汁を使ってグレーピーソースにしたり、
タマネギを大量に刻んで、
これまた大量に刻んだニンニク&生姜とともに、
ガーリックライスもこしらえました。

町会内の錦城学園高校さんで入学式があり、
新入生270名が入学されたとのこと、
お祝いのお赤飯弁当をお裾分け戴きました。
毎年ありがたく頂戴しております。
新入生の皆さんおめでとうございます!

20170406.jpg



昨晩、久しぶりにキッチンに立ちました。
レシピは豚肉薄切りのしょうが焼き!
刻みニンニクとおろしリンゴを隠し味に、
たくさんの千切りキャベツとともにいただきます!

付け合わせはカニ&スパサラダ、
相性抜群です!

旨かった!

DSC01153.jpg

たっぷり作ったので、残りは本日のお弁当に!
一日たったしょうが焼きも味がまろやかになりおいしゅうございました!

DSC01157.jpg
一昨日、季刊誌『日本語の研究』2013年新年号が無事刊行され、
お疲れ様ということで、
社員みんなで神保町の神田天丼家さんへ昼食を食べに行きました。

今年2月に当ブログで神田天丼家さんの記事をアップしましたが、
昨年10月に現在地に移転以来、
以前の場所から相当離れた場所になってしまったため、
正直言ってヒマな状態がしばらく続きました。
しかし、モノはいいし、出来たてが食べられるし、
店内は清潔だし、第一店主の人柄がいいので、
いずれはお客さんも戻ってくるだろうと思ってはいましたが、
あに図らんや、昨今は店内に人垣ができるほどの混雑ぶりで、
後ろに並んでいるお客さんの「早く食べろ~~」の
無言の圧力をせなに受けて天丼をかっこむという事態に!
小学校の同級生である小生といたしましては大変嬉しい出来事でした。

天丼

ボリューム満点、カラッと揚がったてんぷらはサクッと軽い食感で、
小社女子社員曰く「全然胃にもたれない。甘辛いタレも絶妙」だそうです。
(画像はキスとイカを追加)

神保町にお出かけの際は是非お立ち寄りください!


神田天丼家(旧 天丼いもや)

最寄り駅 神保町
新御茶ノ水
御茶ノ水
住所 東京都千代田区神田神保町3-1-14(専修大学交差点・城南信用金庫の裏あたり)
電話 03-3293-0366
定休日 日曜日・祝日
営業時間 [平日] 11:00 - 16:00
    [土曜日] 11:00 - 16:00