青山学院大学日本文学会さまより、
この秋に開催される、国際シンポジウム
「敬語とは何か―敬語表現の諸相―」の
立派なポスターをいただきました!
ありがとうございました。
早速貼って周知に努めさせていただきます!

20190728 aogakusimpojium
「國語と國文學」平成31年3月号(96-3)を、
和田律子先生より御恵送いただきました!
ありがとうございました。

同誌には、和田律子先生による
「藤原頼通文化世界と歌合―「上東門院彰子菊合」を中心に―」
が、掲載されています。
平安後期の約50年間を政治文化の領導者として過ごした藤原頼通が、どのような認識のもとに歌合に関わり、歌合隆盛期を築いていったのか、「上東門院彰子菊合」を手掛かりに考察を試みたものだということです。
是非、ご一読ください。

国語と国文学31年3月号02

 「國語と國文學」平成31年3月号(96-3)
 東京大学国語国文学会 編
 A5判並製・80頁
 定価:1,296円(1,200+税)
 ISBN:4910138650397

 「國語と國文學」公式サイトはコチラ

『兵部卿物語全釈』を、清泉女子大学公式facebookとInstagramにて
御紹介いただきました!

20190221.jpg
リンク先はコチラ

【教員の出版情報】
こんにちは、広報課です。
秋本吉德先生(本学名誉教授)と藤井由紀子先生(日本語日本文学科准教授)の共著
『兵部卿物語全釈』が2月15日に出版されました。

藤井先生からのコメント
「本学名誉教授の故・高橋正治先生のご遺志をくんだ秋本先生とともに
『兵部卿物語』の現代語訳・注釈に挑みました。
清泉の国文学科・日本語日本文学科の伝統が実を結んだ一冊です」

出版社サイト(武蔵野書院)
http://www.musashinoshoin.co.jp/shoseki/view/2288/兵部卿物語全釈

あいち国文の会編集委員会様より、
「あいち国文」第12号をいただきました!
ありがとうございました。

あいち国文

目次
『古事記』研究
 ―神功皇后の年魚釣りについて―・加村さとる
竹取翁歌の構造と用字
 ―「裳」と[藻]の変え字をめぐって―・鈴木  喬
初期江戸読本『壷菫』と『隣壁夜話』・大橋咲紀
川端康成研究
 ―同時代における「高原」の様相・軽井沢の時空より―
                      大橋諒也
〈資料紹介〉
黒田三郎全集等未収録詩篇
 「ランプがゆれる木の葉の影がゆれる」・石井美欧
随想 夢・安田孝子
能本に見ることばの〈花〉
 ―イマージュを紡ぐ韻文の妙―・吉良幸生

編集後記 / 編集委員長 長谷川文子

平成30年9月30日発行
あいち国文第12号
A5判並製本 118頁 非売品
発行: 愛知県立大学
日本文化学部国語国文学科内
あいち国文の会



岩田書院さんより、
「地方史情報 137」をお送りいただきました!
ありがとうございました!

いつもながら圧巻の新刊数です。
お得な情報も満載ですよ~~
地方紙情報 137

岩田書院さんの公式サイト.はこちらからどうぞ