12月14日(土)、15日(日)渋谷キャンパスにて、創立120周年記念および国文学科100周年記念公開講座、「源氏物語、伝統と未来」の講演会、シンポジウムを開催いたします。
 また、香雪記念資料館企画展示室1・2にて、展示会「源氏物語の世界-実践女子大学所蔵貴重古典籍展-」を11月25日(月)から12月15日(日)まで開催。本学が所蔵している古典籍の中でも物語絵巻・絵本のうち傑作とも呼びうる作品を展示しています(期間中に展示替えもあります)。
 このイベントは、実践女子大学「源氏物語研究の学際的・国際的拠点形成事業」(平成30年度文部科学省私立大学研究ブランディング事業採択)の一環として実施します。


2019kokubunn-1.jpg

2019kokubunn-2.jpg

詳細はこちら [PDF]

【展覧会】「源氏物語の世界-実践女子大学所蔵貴重古典籍展-」

♦開催期間:2019年11月25日(月)~12月15日(日)
*12月1日(日)、12月8日(日)は休館
♦開催時間:11:00~17:00
♦会  場:実践女子大学渋谷キャンパス 120周年記念館1階
      香雪記念資料館企画展示室1・2


【国文学科公開講座講演会】「源氏物語、伝統と未来」

♦開  演:2019年12月14日(土)13:00~(開場:12:30~)
♦会  場:実践女子大学渋谷キャンパス 120周年記念館4階 403講義室
♦講演内容
「源氏物語、古きが中に新しきあり」……文芸資料研究所所長 横井 孝
「紙は時代の目撃者」……龍谷大学名誉教授  江南和幸 氏
「源氏物語関連古筆切の料紙」
……文芸資料研究所客員研究員 白戸満喜子 氏
「Romancing the Dead(美しき死の物語)」
……米国ダートマス大学教授 デニス・ワッシュバーン 氏


【国文学科シンポジウム】「源氏物語、伝統と未来」

♦開  演:2019年12月15(日)13:00~(開場:12:30~)
♦会  場:実践女子大学渋谷キャンパス 120周年記念館5階 501講義室
♦講演内容
「源氏物語の女房装束 -十二単をご覧いただきます-」
……井筒グループ代表 井筒 與兵衛 氏
「三条西家の古典学 -古今伝受と源氏伝受-」
……中京大学教授 小髙道子 氏
「源氏物語と組香」……御家流香道第23代宗家 三條西 堯水 氏
「中世日本の芸能と源氏物語、そして現代での価値」
……能楽宝生流第20代宗家 宝生 和英 氏

※申込み不要・入場無料。直接会場にお越しください。
※主 催:実践女子大学生涯学習センター
※協 力:国文学科(国文学科創立100周年記念事業)
     文芸資料研究所、実践女子大学図書館、
        香雪記念資料館
※後 援:渋谷区教育委員会

月刊「神田画報」発行10周年記念企画と銘打ち、
神田明神権禰宜(ごんねぎ)岸川雅範氏と
滝口正哉氏の出版記念講座、
「江戸天下祭を語る」が神田明神の
祭務所B1ホールで開催されました!
会場はほぼ満席状態、遠方からの聴衆も
大勢お出かけいただいたようです。

20180526 01 kandagahou

20180526 02 kandagahou
このイベントは、神田画報10周年記念として催された企画。
主催の立山西平氏です!

20180526 03 kandagahou
まずは、滝口正哉氏による「江戸天下祭に準じる祭礼」の御講演。
天下祭(神田祭・山王祭)が、
根津権現祭、赤坂氷川祭、浅草三社祭、深川富岡八幡祭、三天王祭などに、
どのような影響を与えたかということを、
数々の裏付け資料をもとに、時系列でわかりやすく解説していただきました。

20180526 04 kandagahou
続いて、我が神田明神の権禰宜(ごんねぎ)岸川雅範氏による、
「江戸天下祭の研究」です。
現代の神田祭の準備の実務と、江戸時代の神田祭の準備の過程を
現場の視点から具体的に比較することから始まり、
古今の神田祭の変遷を数々の視覚資料を駆使して解説。
さすが天下祭研究者と唸らせる、目からうろこの御講演でした。

20180526 05 kandagahou
結びは、滝口正哉氏と岸川雅範氏と立山西平氏によるクロストーク。
無理に江戸三大祭を規定することは無理があるのではないか?
史実を検証した上での、
神田祭・山王祭の江戸(江都)二大祭論もかわされるなどもあり、
このクロストークをもって、
充実の講演会はひとまずお開きとなりました。

神田明神権禰宜(ごんねぎ)岸川雅範氏による御著書です。
会場で販売したところ完売でした!
ぜひ御高架ください!

edotenkamaturi hon
岸川 雅範 著
『江戸天下祭の研究
近世近代における神田祭の持続と変容
神田明神選書⑤
岩田書院刊
A5判・418頁・上製本・カバー装
ISBN978-4-86602-014-3 C3039
定価:本体8900円+税

※詳細はこちらからどうぞ!

文教大学生涯学習センター教養講座《冬講座》
講座名:『能狂言に親しむ』
     ─狂言「鬼瓦」「墨塗」「武悪」と能「三井寺」謡いの実演鑑賞─
講師
小林 千草 [こばやし ちぐさ]

概要
世界無形文化遺産となった能楽--能狂言の5回講座ですが、前半3回は狂言を扱います。まずは、600年以上の星霜に耐えた“笑い”の芸術を、幕末期の台本をもとにご紹介します。テキストには、幕末期に至るまでの伝統的な狂言台本を多く考証として引用していますから、限られた講義時間以外の独習にも役立ててください。取り扱う狂言曲目は「鬼瓦」「鏡男」「墨塗」「悪太郎」「武悪」等を予定しています。残る2回は、能「三井寺」を扱います。能「三井寺」の詞章を丁寧に読み解いたあと、プロの能楽師であるワキ方福王和幸師をお招きし、講師の司会進行のもと、「三井寺」のワキのせりふや主要な謡い部分を実演していただきます。生のお謡いを聴くことで、ことばの本来的に持つ力、日本語の自然な抑揚が芸術的なメロディーに昇華する一瞬一瞬を、ご自分の耳で確かめてみませんか。それは、きっと、私たちの日常のことばに対する姿勢をも変えていくことでしょう。(3月15日の講座は、講師の都合により16:30開始となります。ご注意ください。)

関連情報
【開講する場所】文教大学湘南キャンパス

※文教大学湘南キャンパスへのアクセスはこちらをクリックしてください
※講座のお申し込みはこちらをクリックしてください
   〈講座のお問い合わせ先〉
   文教大学生涯学習センター(湘南)
   〒253-8550神奈川県茅ヶ崎市行谷1100
   TEL.0467-53-2111(代) FAX.0467-54-3891
   平日9:00~16:30(11:30~12:30を除く)
   土曜日9:00~11:30 日祝閉室

【講座コード】S11260W
【講座の日程】1月18日〜3月15日
【曜日・回数】木曜日(5回)
【時間】13:20~14:50
【受講料】7,900円(テキスト代別途) 
【定員】35名
【単位数】10単位
【テキスト】『幕末期狂言台本の総合的研究 大蔵流台本編』(清文堂出版)

幕末期狂言台本の総合的研究 大蔵流台本編

小林千草著
定価: 4,104円(税込)
単行本: 300ページ
出版社: 清文堂出版 (2016/10/25)
ISBN-13: 978-4792414351
【その他】 冬期:11/1申込受付開始(※3/15のみ16:30〜18:00)

講師
小林 千草 [こばやし ちぐさ]
元東海大学文学部教授、国語学者。博士(文学)東北大学。1985年に佐伯国語学賞を、2002年に新村出賞を受賞。主な著書:『大かうさまぐんきを読む 太田牛一の深層心理と文章構造』『天草版平家物語を読む 不干ハビアンの文学手腕と能』(東海大学出版部)、『女ことばはどこへ消えたか?』(光文社新書)、『「明暗」夫婦の言語力学』(東海教育研究所)、『伊達政宗、最期の日々』(講談社新書)など。作家千 草子(せん・そうこ)としても、『ハビアン』『南蛮屏風の女と岩佐又兵衛』『翠子(すいこ)清原宣賢の妻』『寺田屋異聞 有馬新七、富士に立つ』など活躍中。なお、能・狂言に関する著作や講演も多い。長らく文教大学非常勤講師も勤めた。

日程
【第1回】1月18日(木)
テキスト紹介・独習の際の利用法・狂言
「鬼瓦」「鏡男」「墨塗」を読む

【第2回】2月15日(木)
狂言「悪太郎」を読む(ビデオあるいはCD鑑賞あり)

【第3回】2月22日(木)
狂言「武悪」を読む(CD鑑賞あり)

【第4回】3月1日(木)
能「三井寺」の詞章を丁寧に読み解く
(資料配付あり)

【第5回】3月15日(木)
能楽師ワキ方福王和幸師をお招きし、講師の司会進行のもと、能「三井寺」の謡い実演を聴く


備考

※4名未満の場合は非開講になることがあります。
※テキストは生涯学習センターで一括注文します。テキストの注文希望について、受講申込書の「テキスト注文」欄に○をつけてください。講座初日に厚生棟1階学内購買部にてご購入ください。