本年(2022年)、小社が「国語学」(現・「日本語の研究」)を昭和27(1952)年にお引き受けしてから70年目を迎えました。
一口に70年と言いますが、それなりの変遷がありました。
この機会にその一部を振り返ってみたいと思います。

「国語学」が発刊される前、国語学会(現・日本語学会)では、昭和23(1948)年10月まで「国語学会会報」を発行していました。
20220525国語学会報01

20220525国語学会報02

その後、同じく昭和23(1948)年10月に大阪の秋田屋より「国語学」第一輯が刊行されます。はじめ、東京の数社の版元に刊行の交渉を続けていましたが、これが中々進展しないため大阪の秋田屋からの発刊となったわけですが、これが発刊後すぐに倒産してしまい、第二輯以降は奈良の養徳社から発行されることになりました。
20220525国語学 秋田屋

20220525国語学 養德社

ところが、この養徳社も第三輯まで発行したものの、第四輯からは東京の刀江書院に移ります。が、これまた第七輯をもって倒産してしまったのです。
20220525国語学 刀江書院

そこで、昭和27(1952)年、第八輯より小社がお引き受けすることになり、現在まで70年の永きに亘り連綿と続いているわけです(『国語学の五十年』には第九輯から武蔵野書院発行とありますが、これは誤りです)。
20220525国語学第八輯

第八輯の奥付にある金田一春彦先生の「編集後記」に、「新装の「国語学」第八輯をお届けいたします。」 とあるとおり、第八輯の表紙から、現在の日本語学会にも継承されているイメージカラーの「緑色」が使われ、表一(オモテ面)に内容目次を載せ、表四(ウラ面)に英文タイトルが配されるようになりました。多少の変更はあったものの、基本的にこのスタイルは現在の「日本語の研究」にも踏襲されています。
20220525奥付

70年目を迎えるにあたり、今後も微力ながら、引き続き日本語学会の発展に貢献いたしたく思っておりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。また、皆々様のお引き立てをどうぞよろしくお願い申し上げます。
5月21日・22日の両日、2022年度中古文学会春季大会が、
専修大学神田キャンパス10号館にて対面形式で開催されました。

20220522_01.jpg

20220522_02.jpg

春季大会の対面開催は実に三年ぶり。
先生方とも久しぶりにお会いし、楽しい二日間でした。
中古文学会の代表委員をはじめ各委員の先生方、
会場校スタッフの皆様のご尽力により、このような大会が開かれましたこと、
心より感謝申し上げます。
今回のことを機に、各学会でも対面形式が復活することを心より願います。

20220522_04.jpg

PC画面を通して本をご覧いただき、
お買い上げいただくのも大変ありがたいことですが、一方で
実際に手にとっていただき、色々な会話をしながら選んでいただくのは、
書店も手応えを感じ、やりがいがあるものです。
書籍をお求めいただきました皆様、心より御礼申し上げます。

20220522_03.jpg

ところで今回会場となった、
専修大学神田キャンパス10号館(140周年記念館)は、
まるでホテルかと思うようなきれいな校舎でビックリしました。
設備も最新鋭。このような校舎で学べる学生さんがうらやましい。
8階の窓からは神田神保町古書店街が一望できます!


日本語学会論文賞叢書 第3弾!
松倉昂平 著『福井県嶺北方言のアクセント研究』
A5判上製カバー装・288頁
本体10,000円+税
ISBN:978-4-8386-0766-2

 長らく福井県嶺北地方はアクセント研究の空白地帯であり続け、本地方を含む福井県方言のアクセントを詳しく記述した文献(図書)は皆無に等しい。そのような状況にあって、本書は福井県方言のアクセントの詳細を明らかにする初めての本格的な研究書となる。

福井アクセント

第1章 序論
 1. 本研究の背景
 2. 記述対象地域の地理概説
 3. 調査地点
 4.  音調記号の凡例

第2章 記述対象方言の概説
 1. 音素体系
 2. 本地方周辺の方言区画

第3章 アクセント分布の概観
 1. 大杉・横浜式
 2. 加賀・菅谷・大谷式
 3. 池田・芦見式
 4. 大野式(垂井式)
 5. 三型アクセント
 6. 二型アクセント(三国式)
 7. 無型アクセント
 8. 曖昧アクセント

第4章 あわら市・坂井市・福井市の三型アクセント
 1. N型アクセントとは
 2. 三型アクセントの分布域
 3. 嶺北地方沿岸部方言の先行研究
 4. あわら市浜坂方言の三型アクセント
 5. あわら市北潟方言の三型アクセント
 6. 坂井市三国町安島方言の三型アクセント
 7. 坂井市三国町崎、三国町梶方言の三型アクセント
 8. 福井市鮎川方言の三型アクセント
 9. 福井市蒲生方言の三型アクセント
 10. まとめ(三型諸方言の対照)

第5章 あわら市・坂井市・福井市の二型アクセント
 1. 三国式アクセントの先行研究
 2. あわら市清滝方言の二型アクセント
 3. 三国式アクセントの変種

第6章 石川県加賀市・小松市の多型アクセント
 1. 加賀市周辺のアクセント分布
 2. 加賀式アクセント
 3. 菅谷式アクセント
 4. 大土式アクセント
 5. 大杉式アクセント
 6. 類別語彙との対応
 7. まとめ

第7章 福井平野東部・南部周辺の多型アクセント
 1. 分布の概観
 2. 福井市美山地区の多型アクセント
 3. 池田式アクセント
 4. 大谷式アクセント

第8章 1~4拍名詞の比較に基づく系統再建
 1. 目的
 2. 方法
 3. 本章以降取り上げる方言
 4. 1~3拍名詞の類別語彙の比較

第9章 2~3拍動詞の比較に基づく系統再建
 1. 概要
 2. 2~3拍動詞の類別語彙の比較
 3. N型諸方言の動詞アクセントの比較

第10章 現存諸方言の通時的成立過程
 1. 概要
 2. 共時論・類型論的性質に見られる変化
 3. 多型諸方言の成立過程
 4. N型諸方言の成立過程
 5. 系譜の全体像

アクセント資料
参考文献
あとがき
索  引

編者の下岡友加・柳瀬善治両先生より、
『台湾愛国婦人』研究論集―〈帝国〉日本・女性・メディア ―
を御恵送いただきました! ありがとうございました。

20220426-01.jpg

『台湾愛国婦人』研究論集――〈帝国〉日本・女性・メディア ――
下岡 友加・柳瀬 善治 編

 執筆者(掲載順)
上田 正行・阿部 翔太・加地 由利香
奥村 尚大・佐藤 未央子・田中 励儀

菊判 197頁 2022年3月31日刊行
3,740円(本体3,400円+税10%)
ISBN:978-4-903068-58-9

内容紹介
 本書は日本近代文学、植民地研究、日本史、台湾史、女性史、メディア研究等を専門とする研究者及び院生を読者として想定し、編まれた論集である。
 『台湾愛国婦人』は1908-1916年にかけて刊行された愛国婦人会台湾支部の機関誌であり、〈帝国〉日本が〈外地〉で刊行した初の女性雑誌であった。本雑誌は台湾総督府の施行する台湾山地「討伐」事業の後援、広報の役割を担ったプロパガンダ誌であるとともに、多くの〈内地〉在住著名作家、知識人たちの原稿を掲載している点に特徴がある。稀覯本であったため、その内容については十分に明らかにされてこなかったが、近年未確認だった巻号の所蔵が新たに見つかり、「『台湾愛国婦人』復刻版 明治編・大正編」(三人社,2019~)が刊行されるに至った。
 本書は「『台湾愛国婦人』復刻版」解説を担当した研究者を中心に、広島大学大学院での授業成果(院生の演習発表)も加えて、小説、評論、短歌、映画、画報、童話、講談、漢詩、埋め草など、多角的なジャンルと視座から本雑誌の性格を照射する論考を収録した。

目  次

はじめに  下岡 友加 

「台湾愛国婦人」所蔵一覧表 

第Ⅰ部 〈内地〉作家、メディアとの関わり
第一章 『台湾愛国婦人』と与謝野晶子・素描 上田 正行 
第二章 『台湾愛国婦人』と新渡戸稲造
        ―― 新資料紹介を中心に ―― 阿部 翔太 
第三章 『台湾愛国婦人』掲載・真山青果「苔の花」
        ―― 「見物も無い芝居」に注目して ―― 加地由利香 
第四章 『台湾愛国婦人』における埋め草
        ―― 典拠から見る編集部像 ―― 奥村 尚大 

第Ⅱ部 台湾総督府、植民地政策との関わり
第一章 〈理蕃〉のメディア戦略
        ―― 愛国婦人会台湾支部の映画利用を
                    基軸として ―― 佐藤未央子 
第二章 『台湾愛国婦人』掲載・西岡英夫(英塘翠)「生蕃お伽噺」
        ―― 植民者は被植民者の文化を
                    語りうるか? ―― 下岡 友加 
第三章 『台湾愛国婦人』講談速記の女性表象
        ―― 「戦う女」・「演説=議論する女」・
                    「慈愛の女」 ―― 柳瀬 善治 
第四章 『台湾愛国婦人』における乃木希典の形象 田中 励儀 

おわりに 柳瀬 善治 

図版出典一覧

索引

「神保町 とり瑛」さんで、裏親子丼ランチ♪
普通の親子丼と違って、もも肉の他にレバー・ハツ・砂肝が
入っていて独特の食感が楽しめます!
卵もトローリでとっても美味!

20220422_01.jpg

20220422_02.jpg